• キズ・ヘコミ専門店 【リペアガレージ】 |HOME|
  • キズ・ヘコミ専門店 【リペアガレージ】|お店案内|
  • キズ・ヘコミ専門店 【リペアガレージ】 |修理実例|
  • キズ・ヘコミ専門店 【リペアガレージ】 |自損事故|
  • キズ・ヘコミ専門店 【リペアガレージ】 |保険修理|
  • キズ・ヘコミ専門店 【リペアガレージ】 |画像見積|
  • キズ・ヘコミ専門店 【リペアガレージ】 |リンク集|
  • キズ・ヘコミ専門店 【リペアガレージ】 |お問い合せ|
  • キズ・ヘコミ専門店 【リペアガレージ】Repair Garage こちらはサイトバナーです。リンクフリー。※画像の上で右クリック『名前を付けて画像を保存(S)...』でバナーを保存できます。

リペアガレージへのサイトバナーです。リンクフリー。

リペアガレージ ポリマー加工

リペアガレージ ポリマー加工とは

ポリマー加工とは

私たち専門業者がポリマー加工という場合、普通は「磨き」+「コーティング」 と考えます。
磨きにも「水垢取り」から「超鏡面」まで技術レベルの違いがあります。
車の輝きをいつまでも長持ちさせるための長期塗装保護処理です。
年数経過でどことなくツヤがなくなったり、ワックスを掛けても輝きがでない車はポリマー加工をする前に下地処理が必要になってきます。
下地処理とは、塗装面に付着した鉄粉・酸化皮膜・小キズ等をポリッシャーで磨き、塗装面を新車時の状態に戻す作業です。ポリッシャーで磨いた塗装面は、鏡のようになります(鏡面仕上げ)。鏡面になった塗装を長期保護するのがポリマーです。
この一連の処理が「ポリマー加工」です。

それでは我々プロがどういった手順でポリマー加工を進めていくのかを簡単にご説明します。
まずはボディの下地処理を行います。これは全工程の中でもかなり重要なパートでもあります。この下地処理を怠ると、後々の作業の中で必ず後悔が生まれ折角の磨き作業が台無しになってしまうのです。
自動車の塗装面は人の皮膚と似ていることもあり、よく女性の化粧に例えられることがあります。お肌の下地処理や普段からの手入れが悪いと化粧の乗りが良くないように、自動車のボディにも鉄粉や樹液・タール等の不純物が付着しているとコーティングの乗りが悪くなってしまいます。
また塗装面は呼吸しているとも言われていて、それぞれ1台1台、季節や天候などによっても状態が違ってくるのです。エステシャンが、人それぞれの肌の状態や季節・天候にあわせて対応を変えるように我々磨き屋も1台1台そのお車に合った磨き方を模索し、対応しているのです。
そういった細かな神経を使って、下地処理・磨き処理を施すことにより最高の艶が蘇るのです。その状態を維持すべくポリマー皮膜によりコーティングすることがポリマー加工です。

リペアガレージ ポリマー加工とは

ナノハイブリッド 美滑水コートとは

ナノハイブリッド 美滑水コート

優れた雨滴飛散性と耐久性を実現!持続効果1年以上!
フッ素とシリコーンのハイブリッドで、
ガラス表面に、高滑水層(ナノ被膜)を形成!

ガラスにコート剤を塗布すると、ガラス表面に高滑水層が形成されます。
高滑水層は、水滴との付着力が非常に弱いため、優れた雨滴飛散性(滑水性)を発揮します。

  • @40〜60km/h以上の走行で良好な雨滴飛散性を発揮します。
  • A雨滴による光散乱で発生する視界不良を低減します。
  • B耐ワイパー性と天候性が優れており、ロングライフな撥水効果が維持し、ワイパーのビビリを低減します。
  • Cガラス面への水垢や油膜などの付着力が低く、汚れ除去に優れています。
  • D着氷力が非常に低く、寒冷地での氷結剥離作業が容易です。
リペアガレージ ページTOPへ